OPT Jpana 株式会社オプトジャパン

代表者挨拶・社名由来

株式会社オプト・ジャパンの代表者挨拶と社名の由来です

代表者挨拶

代表者挨拶

大学や専門学校等においては、特徴的なカリキュラムや手厚い就職サポートなど魅力的なプログラムを充実させて、広報PRに努める学校法人様が増え始めました。しかし、中学・高等学校も含めほとんどの学校の入試関連手続きにおいては「願書を手書きして、銀行窓口に振込に行く」という手間のかかる作業が未だ一般的で、入試を迎えて初めて、手続きの大変さを知る受験生・保護者も多くいます。様々な商品サービスがインターネットで購入でき、クレジットカードで簡単に支払える時代において、入試関連手続きがよりスムーズに行えることは、学校法人様の魅力のひとつとなるのではないでしょうか。

オプト・ジャパンでは、受験料をコンビニやクレジットカードなどで支払える「E‐支払いサービス」を提供して参りました。24時間いつでも支払えるという点でご好評いただき、2013年度入試(2013年4月入学)現在、導入校数約220校、利用件数約26万件となっております。また、「インターネット出願」も徐々に広がりを見せており、入試関連手続きにおけるデジタル化も進んでおります。弊社では今後、入試関連手続きがよりスムーズになるよう、各サービスの連携を強化して参ります。また、これまでに培ったノウハウを活かし、学校法人における決済処理、事務処理業務の課題解決に努めていきたいと考えております。

代表取締役社長 柳田謙治

社名由来

社名由来

オプト・ジャパン(OPT Japan)は、
「Open Plus Trust」の頭文字から名付けられました。

弊社は、受験料をいつでもどこでも支払えるよう、日本で初めて受験料のコンビニ支払いサービスを開始し、
その後も受験料のクレジットカード支払いやインターネット出願など、時代のニーズを先取りしたサービスを提供してきました。

今後も常に時代の先を読み、受験生、保護者、学校関係者に信頼されるサービスを、「プラスα」の付加価値を付けて、提供して参ります。