OPT Jpana 株式会社オプトジャパン

サービス -大学・専門学校向け-

合否系サービス

株式会社オプト・ジャパン トップページ > サービス > 合否系サービス(大学・専門学校向け)

Web合否照会サービス

受験生と学校様に5つのメリット

  • PC、スマホ、携帯電話ですぐに合否情報が確認可能。
  • 合否発表後に、受験生へ様々なメッセージを表示可能。
  • 高品質な合否発表サービスを、低価格で導入・実現可能。
  • セットアップは専門スタッフによるヒューマンサポートで確実運用。
  • 三菱総研DCSサーバとWeb-EDI による高セキュリティレベルを実現。

Webデジタル受験票サービス

受験生と学校様に5つのメリット

  • センター試験利用入試の受験票の発行・発送コストを全て削減
  • 受験生は、受験票の紛失の心配も無用。
  • シンプル操作で携帯電話・PCから、期間内はいつでも確認可能。
  • 受験票画面に「注意事項」「発表の案内」等、様々なメッセージ表示が可能。
  • センター試験利用入試に多い「併願」にも対応。複数番号の一画面表示が可能。
システム
Web合否照会サービス連携

複数併願時のWebデジタル受験票画面から、合否結果の一覧表示に連携します。
受験生は1クリックで全ての結果が閲覧が可能です。

様々な入試方式に対応「カスタマイズ機能」

Web得点通知サービス

受験生と学校様に5つのメリット

  • 受験生本人が、大学窓口に問い合わせすることなく確認可能。
  • 問い合わせ応対に対する大学職員様の負担軽減を実現。
  • 郵送による成績開示の廃止による発行・発送コストの削減。
  • 増加する成績開示ニーズに対して、安価で提供を実現。
  • 導入からサービス開始まで、スピーディに対応可能。
システム
成績開示の状況

現在、国公立大学では全国で95大学以上が既に開示しており、私立大学の法科大学院でも多くの学校が成績開示を実施しています。
関西では、出身高校や予備校へ成績開示の可否を志願票で問う大学が多く、一般入試の成績大学を開示するケースも御座います。
大学入試センター試験においては、志願者中約7割の受験生が成績開示を申請しており、益々そのニーズは高まっているといえます。